青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 青汁の原料・成分 > 青汁に含まれる長命草の驚くべき美容・健康・ダイエット効果の真実!!

青汁に含まれる長命草の驚くべき美容・健康・ダイエット効果の真実!!

青汁に含まれる長命草の効果

最近、美容・健康成分が多く含まれていると話題の長命草。
青汁の原料としてはもちろん、コスメにも使われています。

その青汁の原料としても使われている長命草ですが、
どのような効果や特徴があるのかこのページで紹介していきます。
是非この機会に長命草について理解して下さい。

長命草の特徴は?

長命草とは沖縄のような温暖な地域で育つセリ科の植物で、正式名称はボタンボウフウと呼ばれています。

この長命草は最近話題になりましたが、沖縄では古くから薬草として食べられ、
アレルギーや沈痛性に良いとされてきました。
そして近年の研究結果で肥満や美容があることが判明しました。

実際に栄養素も豊富で例えば、

ポルフェノール→ゴーヤの約8倍
食物繊維→キャベツの5倍
ビタミンA→かぼちゃの約1.6倍
カルシウム→牛乳の約4倍
鉄分→プルーンの約6倍
ビタミンC→ほうれん草の約4倍
ビタミンE→おくらの約30倍

もあります。

青汁の原料でケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉など定番の物がありますが、
そららの野菜と比べても決して引けは取らない程、豊富な栄養素が含まれています。

これだけの栄養素を一つの野菜で補えるものはほとんどありませんし、
長命草を含む青汁ならそれが可能だという事です。

長命草はまだ一般的にはなじみが薄い野菜ですが、青汁なら飲むだけでそららの栄養素を簡単に摂取できます。

長命草は美肌、健康、ダイエットなどの様々な悩みに対応できる野菜です。

長命草から得られる効果

先ほど説明したように長命草には様々な栄養素が豊富に含まれていますから、
色々な効果が期待出来ます。
細かく言えばまだまだありますが、今回は5つの効果に絞ってお話します。

ビタミンC・Eとポルフェノールでアンチエイジング

アンチエイジング効果
長命草に含まれているビタミンC・Eとポルフェノールには抗酸化作用があります。
お肌を老化させたり、細胞を古びかせたりして肌トラブルを引き起こす大きな理由の一つが活性酸素ですが、長命草を摂取することで抗酸化作用が働き、活性酸素を抑制するアンチエイジングの効果が期待出来ます。

さらにビタミンCには、シミの原因でもあるメラニン色素の発生を抑制し、
お肌のターンオーバーを正常にし、コラーゲンの生成を促す働きがあるので、
シワ、しみ、たるみなどに対しての対策も可能です。

年齢と共にお肌が老化し様々な肌トラブルがおきますが、
長命草のようにお肌を守る栄養素が含まれている野菜を食べる事で、
綺麗でぷるぷるのお肌を保つことが可能になります。

血流改善でむくみや冷え症対策

むくみ・冷え症改善
長命草に含まれるポルフェノールの一種であるイソサミジンには、
冷え症やむくみを改善する働きがあります。

というのも冷え症は血管が収縮して血流が悪くなって起こりますが、
イソサミジンは管拡張作用があるので血行が良くなり、全身に血液が行き渡り冷え症を改善してくれます。

また、むくみは血流が悪くなることで水分が貯まっている状態ですが、
血行が良くなることでむくみの改善にも繋がります。

その上、イソサミジンは利尿作用もあり、排出回数が増える事でよりむくみに対して効果が働くようになります。

プテリキシンの働きで脂肪抑制

脂肪抑制
実は今長命草でもっと注目されている効果が肥満防止です。

長命草に含まれるプテリキシンは、中性脂肪の合成を抑制する働きがあることがわかっております。
つまり、身体に脂肪がつきにくい体質になるのです。

また、ビタミンB群は糖質や脂質の代謝を促す働きがあり、糖質が脂肪に変わる前に糖質を消費しやすくもなります。

やはりどんなに運動して脂肪を燃焼しようと思っても身体本来の代謝が悪ければ運動の効果も半減してしまいます。

しかし、長命草には身体に脂肪がつきにくく燃焼しやすい働きがあるので、
運動も大切ですが、太りにくい身体を作るための栄養素も補給できるのです。

豊富な鉄分で貧血・美肌対策

貧血&美肌対策
上記でも紹介したように長命草にはプルーンの約6倍もの鉄分が含まれています。

この鉄分には貧血対策はもちろんのこと美肌作用にも繋がるのです。

鉄分が不足すると生理不順となり女性ホルモンのバランスを崩し、
お肌の代謝も悪くなり肌荒れやシワの原因になります。
しかも鉄分は日本の女性が不足している代表的な栄養素の一つです。

ですから、長命草のような野菜でしっかりと鉄分を補給することが大切です。

また鉄分は身体に吸収されにくい特徴がありますが、
長命草に含まれる豊富なビタミンCは鉄分の吸収量を高めよりより効率的に鉄分を摂取ることが出来るようになります。

生活習慣病対策に

生活習慣病に
高血圧や糖尿病などの様々な病気や肌トラブルなどの原因の8~9割は活性酸素と言われております。

しかし活性酸素は通常の呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素になり、たばこ、運動不足、ストレス、偏った食事、睡眠不足などの生活習慣の影響でも増えてしまします。
また歳と共にも増えていきます。

この必要以上に体内に発生した活性酸素を抑制することで、
様々な生活習慣病対策になるのです。

先ほどもお話したように長命草には、活性酸素を除去するビタミンC・Eとポルフェノールといった抗酸化作用が強い成分が含まれています。

しっかりと抗酸化作用が強い成分を補給することで、病気や風邪、肌トラブルなどの防止に繋がっていきます。

いつ長命草を含む青汁を飲めば良いの?

基本的に長命草を含む青汁はいつ飲んでも構いませんが、
目的がダイエットの場合は食事前に飲むと良いでしょう。

先ほどもお話したように、長命草は糖質や脂質の代謝を良くし、
脂肪の合成を抑制する働きがあります。

食事後に飲むと体内で糖質や脂質が吸収されている状態なので、
そこから飲んでも効果は半減しますから、食事前に飲むことで糖の吸収を抑えることが出来ます。

食事前に食物繊維が含まれいている生野菜を食べて、血糖値の上昇を抑える方法と同じ理屈です。

もちろん、健康や美容など総合的に考えて長命草を摂取するならいつ飲んでも構いません。

飲む量は長命草を含む青汁メーカーに従って回数を決めて下さい。
過剰摂取は良くありません。

長命草が含まれるおすすめの青汁は

長命草を原料としているおすすめの青汁を紹介します。
長命草はもちろん、他にも栄養素が豊富に含まれている原料を使っている青汁を紹介しますので、是非参考にして下さい。

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁は、長命草、ケール、クロレラしか含まれていない栄養素にこだわった無添加の青汁です。
含まれている栄養素は、食物繊維、17種類のビタミン、18種類のアミノ酸、7種類のミネラルなど、健康と美容のためだけに作られているといっても過言でないほどの青汁です。

しかもこれだけこだわった原料を使うと青汁特有の青臭さがありますが、
ステラの贅沢青汁は粒タイムにして飲みやすい工夫をしています。

栄養素が豊富で飲みやすく、さらに無添加で安心して飲める青汁です。

公式サイトを見る

まとめ

長命草はまだまだ知名度が低く、一般的に手に入りにくい野菜ですが、
ビタミン、ミネラル、ポルフェノールなどとにかく栄養素が豊富なので、
健康や美容のために食生活を変えたいという方は、気軽に飲める青汁で試してみるのも良いでしょう。

長命草は、「肥満対策」「美容」「生活習慣病」など様々な対策ができる、
当サイトでもおすすめしている青汁の原料の一つです。
中途半端に毎日の食事を変えるくらいなら、長命草入りの青汁を飲み続けた方が良いと思います。

TOP