青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 目的別青汁ランキング > 栄養や成分が豊富な青汁はコレ!青汁の栄養・成分ランキング

栄養や成分が豊富な青汁はコレ!青汁の栄養・成分ランキング

青汁を飲む目的にはそれぞれ違いますが、本来の青汁の役割は、
野菜不足や食事では摂取するのが難しい栄養補給です。
つまり、健康を維持するためです。

そこで必要なのは青汁に豊富な栄養素が含まれている事です。

ただ、販売ページを見るとどの青汁も多くの栄養素が豊富に含まれているように感じますが、実際はそうなでないケースもあります。
様々な原料を使っていても少量しか含まれていなければその効果も少なくなります。

どうせ青汁を飲むなら栄養素が豊富で飲みやすい青汁が良いでしょう。
このページでは、どの青汁の栄養素が豊富か総合的な観点からランキング形式で紹介します。

野菜不足で栄養素を補給を考えているならこの青汁栄養素ランキングを参考にして下さい。

栄養素の豊富な青汁の選び方

一概に青汁の栄養素といってもその種類は様々です。
具体的には「ビタミン群(A、B、C、E)」「ミネラル(カルシウム・鉄など)」「食物繊維」
「ポリフェノール」などです。
細かく言えばまだまだありますが、大体がそれらの栄養素に付随しています。

青汁の栄養素とはそれらの栄養素を含む原料がどれだけ入っているかという事にもなるのです。

明日葉、大麦若葉、ケールが中心に含まれている青汁

青汁の中には、沢山の原料が含まれていると紹介しているものがありますが、
それだとどの原料も少量で青汁の効果はいまいちになってしまいます。

それよりも明日葉、大麦若葉、ケールの青汁三大原料が中心に含まれている方が栄養素は高いと思います。

それらの原料は栄養素が豊富なので、大体の栄養素をカバーできてしまいます。

それぞれの栄養素の含有量を見る

それぞれの青汁にパッケージや販売ページで青汁に含まれている栄養素が書かれていますので、そちらを参考にするのも良いと思います。
ただし、大体の青汁は1包あたりに書かれていて、それぞれの青汁はグラム数が異なりますし、
相性もありますので一概にそのグラム数を信じて良いのか微妙な点もあります。

これはあくまでも参考程度が良いので、絶対に必要なポイントでもありません。
迷った時の参考程度が良いでしょう。

飲みやすさ

これはどんな目的で青汁を選ぶにせよ絶対に必要なポイントです。
実際に青汁を試してみないとわからない事ではありますが、
管理人は青汁の特有の苦みや匂いが嫌いなタイプで、
それでも普通に飲める青汁は大抵の方は大丈夫だと思います。

あくまでも管理人が飲みやすいと感じた青汁だけランキングで紹介ました。

今はほとんどの青汁は飲みやすいようになっていますが、
まれに昔ながらクセがある青汁もあります。
それらの青汁はランキングではいれません。

青汁の栄養素ランキング

サントリー 極の青汁

サントリー 極の青汁
商品名 サントリー 極の青汁の詳細
内容量 1包3.3g入り
価格 1杯当たり90円(90包入りかつ定期お届けコースの場合
原材料名 大麦若葉末、フラクトオリゴ糖、明日葉末など

おすすめPOINT

良質な明日葉で野菜不足をサポート

極の青汁は様々な栄養素が豊富に含まれていて、且つ飲みやすいのが特徴です。
主原料は明日葉と大麦若葉でこの二つの原料は他の緑黄色野菜よりも栄養素が豊富な事が特徴です。

明日葉や大麦若葉は、食物繊維、ビタミン群、ミネラルが豊富な野菜で、
ここまで豊富にバランスよく含まれている原料はそうはありません。

他の原料では、例えば食物繊維が豊富でもビタミン群が足りないなどのように偏った栄養素のものばかりです。

ですから、大麦若葉と明日葉を主原料にしている極の青汁は豊富な栄養素が含まれているのです。

さらに極の青汁で最も注目したいのは実は豊富な栄養素ではなく、
その栄養素の吸収力です。

どんなに豊富な栄養素が含まれていてもその栄養素を吸収されなくては意味がありません。
先ほど栄養素を含む青汁の選び方で、成分の含有量の数字は一概には信頼できないとお話しましたが、それは吸収力の問題もあります。
実際に吸収力が弱い青汁も沢山あります。

対して極の青汁は、サントリー独自の技術である野菜の吸収力を高めるケルセチンプラスを配合しました。
この技術は他の青汁にはありません。

また、飲みやすいというのも注目ポイントで、
極の青汁のように青汁のパワーをしっかり感じられ、尚且つここまで飲みやすい青汁はそうはありません。
野菜不足や栄養素をしっかりと補給したい方は極の青汁が最もおすすめです。

※2004年5月~2016年12月のサントリーウエルネスの青汁商品累計(1杯に1包使用)

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

ふるさと青汁

ふるさと青汁
商品名 ふるさと青汁
内容量 1包4.5g入り
価格 1杯当たり50円
原材料名 あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、大麦若葉末など

おすすめPOINT

国産原料だけ使用したこだわりの青汁!

ふるさと青汁は主原料が国内産の明日葉、大麦若葉、桑の葉といった豊富な栄養素が含まれている野菜を使っております。
また、水溶性食物繊維である難消化性デキストリンも含まれています。

そのため、食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富にバランスよく含まれ、
しっかりと栄養素補給したい方におすすめの青汁です。

もちろん、飲みやすくもあり、味は青汁というより抹茶に近く、
すっきりとした味わいで青臭さはありません。
多分、青汁だと思わずに飲めばわからない方もいるくらいの青汁です。

純粋な飲みやすさは、極の青汁に引けを取りませんし、
フルーツ系の青汁を除けば飲みやすさは青汁の中でTOPクラスです。

しかも全額返金保証がついていて、飲んでみて体にまったく合わなければ、30日以内なら全額返金してくれ試しやすい青汁でもあります。

ただ、ふるさと青汁はとても飲みやすく栄養素も豊富ですから、
ふるさと青汁が合わないという事は青汁そのものを飲めないという事と同じだと思います。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

ファンケルの本搾り青汁

ファンケルの本搾り青汁
商品名 本搾り青汁
内容量 1包4.5g入り
価格 1杯当たり50円
原材料名 ケール(国内産)、水溶性食物繊維、でんぷん分解物、DFAⅢ

おすすめPOINT

ミネラル農法で丁寧に育てた国内産ケールを100%使用!

ファンケルの本搾り青汁はケールが主原料の青汁で、この青汁も食物繊維、ビタミン、ミネラルが豊富です。
さらにカルシウムの吸収力を助けるファンケル独自の植物性ツイントースも配合しております。

原料のこだわりも強く、化学農薬不使用の国内産ケールを使用し、
保存料、着色料などの添加物は使っておりません。

飲みやさも抜群で、野菜スープのような味わいで青汁特有のクセはほぼないと思います。
ファンケルの本搾り青汁も栄養素の豊富さ、飲みやすさは折り紙つきです。
流石ファンケルといった感じでしょうか。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁
商品名 ステラの贅沢青汁
内容量 32.4g(360mg×90粒)
価格 171円(一回3粒目安)
原材料名 クロレラ、ケール、ボタンボウフウ(長命草)粉末

おすすめPOINT

粒状で飲みやすく品質の高い青汁!

九州産ケールを原料としている青汁です。主要原料は福岡産クロレラにはなりますが、
クロレラも十分に栄養素が豊富ですし、沖縄の長命草を使用しており、こちらはビタミン、ミネラルが豊富です。
食物繊維、ビタミン、ミネラルなどといった栄養素を十分に摂取できる青汁と言えます。

また、ステラの贅沢青汁は粉末の青汁ではなく粒タイプとなっており、
正直青汁特有のクセはあるものの簡単に飲めるので、決して苦にならない青汁です。
粒タイプということを考慮すれば飲みやすい青汁にはなります。

管理人のように青汁の味が苦手なタイプでも、
一瞬で飲みこめる事を考えれば、他の飲みやすい青汁と比べて遜色はないと思います。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
商品名 めっちゃたっぷりフルーツ青汁
内容量 1包3g入り
価格 1杯当たり29円
原材料名 還元麦芽糖水飴、クマザサ粉末、果汁パウダー、緑茶粉末など

おすすめPOINT

女性人気No.1!甘味があるのに栄養豊富でカロリーは控えめ!

今流行のフルーツ青汁でテレビでも取り上げられたこともあります。
原料としてはクマザサ、明日葉を中心に野菜とフルーツエキスを抽出しております。

他の青汁と比べ栄養素の面で若干物足りなさを感じますが、
その分飲みやすさを追求しており、フルーツのさわやかな味わいです。
どちらかといえば、青汁というよりもフルーツスムージーのような風味です。

当サイトでは何度も言っていますが、青汁で重要なのは栄養素と飲みやすさです。
栄養素ばかり気にしていても飲みにくく続かなければ何の意味もありません。
その点でめっちゃたっぷりフルーツ青汁は、味としてはもはや青汁ではないと言えるので、
味が苦手で続けられないという事はないでしょう。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

青汁栄養素ランキングまとめ

ランキング5位まで紹介してきて、どれが良いか迷ったら極の青汁がベストです。
栄養素、飲みやすさなどどれをとっても最もおすすめできる青汁です。
目的はどうであれ、今のところ全ての青汁で最もおすすめできるのが極の青汁です。

ただ、何かの事情でどうしても極の青汁が駄目だという場合、
ふるさと青汁かファンケルの本搾り青汁です。
どちらでも良いと思いますが、総合的に栄個人的にはふるさと青汁が良いと思います。
ただし、こればかりは相性などにも影響しますので、一概には言えない点はあります。

とにかく最もおすすめは極の青汁ということだけは言えます。

TOP