青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 青汁に関する豆知識 青汁の効果・効能 > 注目!コレステロール値を下げるなら青汁が効果的

注目!コレステロール値を下げるなら青汁が効果的

食生活の乱れがちな現代人にとって、健康のために気になる数値のひとつに『コレステロール値』があります。コレステロール値が高くなりすぎると、血管の詰まりの原因となり、動脈硬化などの恐ろしい病気にもつながってしまうのです。そのため、定期的に健康診断でチェックしていたり、日頃から食べ物に気を使ったりしている方も多いのではないでしょうか?

このコレステロール値の改善に役立つ事から、最近『青汁』の働きが注目されています。一体どのような理由で青汁がコレステロール値の改善に役立つのでしょうか?飲み方にコツはあるのでしょうか?早速見ていきましょう。

そもそもコレステロールって何?

健康診断で注意はされるものの、コレステロールって一体何の事だか詳しく知らないという方もいらっしゃるかと思います。

コレステロールと聞くと身体に悪いものというイメージがあるかもしれませんが、実はコレステロールは、私たちが生きていくうえで欠かせない『脂質』の一種であり、細胞の膜を生成する原料として使われている要素のひとつです。

また、ビタミンDの合成にも使われますし、男性ホルモンや女性ホルモン、副腎皮質ホルモンといったホルモンや、胆汁酸の材料にもなっています。これらの働きのために体内で必要なコレステロールの量は、1日1,000~1,500mg。食物から摂るほか、肝臓でも合成されています。

また、コレステロールには種類が2つ存在し、構成するリボタンパク質の違いによって、善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)に分けられます。健康診断でのコレステロール値は、空腹時に採血して、善玉コレステロール(HDL)が40~95mg/dl、悪玉コレステロール(LDL)が65~139mg/dlの範囲内であれば正常です。このどちらか一方でも基準値を超えていると、脂質異常症と診断され、より重度な病気につながらないよう注意が必要となります。

・善玉コレステロール(HDL)の働き

善玉コレステロール(HDL)は、体内に存在する必要以上のコレステロールを細胞壁から体外に排出してくれる役割を担っています。この働きによって、コレステロールが身体に悪影響を及ぼすのを防いでくれている事から「善玉」と呼ばれています。

・悪玉コレステロール(LDL)の働き

一方で、悪玉コレステロール(LDL)は、血液の流れにのって身体の隅々の細胞に必要なコレステロールを運ぶ役割を持っています。このとき、量が多すぎると余分なコレステロールが血管の内側に張り付いてしまうのです。度を超えると血管を狭め動脈硬化の原因になり、脳梗塞や心筋梗塞、狭心症のリスクへとつながる事から、「悪玉」と呼ばれ問題視されています。

しかし、身体の隅々にコレステロールを運ぶ働き自体は生きていくうえで必要なものです。そのため悪玉コレステロールを完全になくすのではなく、善玉と悪玉のバランスをとることが大切です。

・HDLが増えればLDLが減る

善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)のバランスの事を『LH比』と言います。LH比が高いと悪玉コレステロール(LDL)が過剰な状態、反対にLH比が低いとHDLコレステロールが多い状態であることを表しています。

LH比が低い状態、つまりHDLが多いと、体内の不要なコレステロールが排出されやすい状態にあると言えます。そのため、自然とLDLコレステロールを減らす事にもつながるのです。最近では、このコレステロールのバランスであるLH比が非常に重要視されています。

コレステロール値が高くなるとどうなる


コレステロール、正確にはLDLコレステロール値が上がると血管に脂質がたまり、
血管が詰まり、動脈硬化を引き越します。
但し、動脈硬化自体は自覚症状がなく、いつ何時、脳卒中や狭心症、心筋梗塞になるかわからないから怖いのです。
その特徴から動脈硬化の事を静かなる殺し屋(サイレン卜・キラー)とも言うようです。

ですから、常に正常なコレステロールを保つように普段から食事や運動、青汁を利用して下さい。特に青汁はかなりおすすめです。
因みに動脈硬化に関しては中性脂肪と繋がるので、青汁を飲んで効果的に中性脂肪を下げる?でもお話しております。

コレステロール値を下げる方法は?


それでは、コレステロール値を下げるにはどうすればよいのでしょうか?上でもお伝えした通り、心筋梗塞などの病気にならないよう予防をするためには、LH比を下げる事が大切です。つまり、コレステロールの中でも悪玉コレステロール値は下げ、善玉コレステロール値は上げる必要があります。

まず気をつけたいのは、食事です。悪玉コレステロールを増やす原因となる飽和脂肪酸を含む脂身の肉や加工肉、インスタントラーメンや菓子類の摂取を控え、不飽和脂肪酸を含む豆類・魚介類を意識して摂取しましょう。また、食物繊維やビタミンの豊富な野菜類をしっかりとることで体内の余分なコレステロールを消費したり、悪玉コレステロールが体内で酸化するのを防いだりすることが出来ます。

また、コレステロール値を下げる為には適度な運動も必要です。運動することによって摂取し過ぎたエネルギーを燃焼させ、脂肪が蓄積されるのを防ぐほか、血行を促進して血圧を下げ、酵素を活性化させて善玉コレステロールを増やす働きが期待できます。血行を良くする事が目的なので、ハードな筋力トレーニングよりも無理なく行えるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が良いでしょう。室内で行えるエアロバイクや踏み台昇降運動もオススメです。

このように、コレステロール値を改善していく為には、日ごろから暴飲暴食を避けバランスの良い食生活を心がけたり、適度な運動を続けたりといった地道な努力が必要です。しかし、コレステロールが気になる年代にはまだまだ忙しい働き盛りの方が多く、なかなか生活習慣の改善にまで目を向ける余裕がない方も多いようです。そんな中、青汁が手軽に飲めてコレステロール値の改善に効果的であると今注目を浴びています。

参考までにコレステロールを下げる食品を紹介します。

・青魚


さんま、イワシ、サバなどの青魚に含まれる、DHAとEPAという脂肪酸の成分は、
コレステロール値を下げる働きがあります。

簡単に役割をお話すると、悪玉コレステロール値が高くなる、血管に脂質が付着し血液をドロドロして血流を悪くするため動脈硬化になっていきます。
DHAとEPAは血流を促し血液をサラサラにしてくれる役割があるのです。

また中性脂肪の合成を抑制する働きもあり、脂肪肝のリスクも軽減出来ます。

因みに青汁にもDHAとEPAが含まれている物もあり、
青汁を飲む事でも摂取出来ます。

・ブロッコリー・キャベツ

アブラナ科のブロッコリーとキャベツに含まれる天然アミノ酸のSMCS(S-メチルシステインスルホキシド)とスルフォラファンは悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

まずSMCSですが、通常コレステロールは肝臓で酵素の働きで胆汁酸に変化し、体外に排出することで必要以上のコレステロールを貯めず正常な数値を維持します。

このSMCSは胆汁酸に変化させる酵素を活性化させることで、
悪玉コレステロール値を下げてくれるのです。

次のスルフォラファンは、特にブロッコリーの新芽に多く含まれており、
肝臓の解毒機能を高める事で肝機能を強くし、中性脂肪の生成を抑制する働きがあります。

中性脂肪が少なくなると悪玉コレステロールが減り、自然とコレステロール値が下がってきます。

青汁にはコレステロール値を下げる為に有効な成分がたっぷり!


青汁というと「健康に良い」という印象を持っている方は多いかと思いますが、実はコレステロール値の改善に非常に効果的なんです。スティックに入った粉末をサッと水に溶くだけで飲むことが出来、1日コップ1杯で、野菜由来のさまざまな栄養を摂取することが出来ます。

青汁に含まれる栄養成分の中でも、特にコレステロール値の改善に役立つ栄養素がこちらです。

・青汁に含まれるキトサン

蟹やエビなどの殻から抽出されるキチンを化学処理することで得られる食物繊維です。
キトサンの役割をお話すると、脂肪の消化吸収のために欠かせない胆汁酸という化合物があります。これの原料となるのがコレステロールです。

胆汁酸は血中コレステロールから作られ小腸に分泌されます。キトサンはその小腸で胆汁酸を吸着して便として排出するのです。

するとキトサンの影響により排出してしまった胆汁酸を生成しなければいけず、
体内のコレステロールを使う事になります。
これを続ける事で、血中コレステロール値が下がっていくのです。

・食物繊維

食物繊維は青汁の代表的な栄養成分ですが、この食物繊維がコレステロール値の改善に非常に役立ってくれます。

コレステロールが胆汁酸の原料となるとはじめにお伝えしたのを覚えていらっしゃいますか?この胆汁酸は1度その役目を終えると、また小腸で吸収されて肝臓に戻り再利用されるしくみになっています。しかし、腸の中に食物繊維があると、胆汁酸が吸収されず体外に排出され、新しい胆汁酸を作るためにコレステロールが使われます。そのため、血液中の余分なコレステロールをどんどん消費することが出来るのです。この働きによって、食物繊維を摂ると悪玉コレステロールの値を下げる事が出来ます。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、胆汁酸を排出する働きがあるのは水溶性食物繊維の方です。青汁にはこの水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

・ビタミンB群(B1,B2)

ビタミンB群は悪玉コレステロール値が高まることで血管に貯まる過酸化脂質の生成を防ぐ役割があります。
また、糖質の分解を助ける役割もあり、中性脂肪の抑制にも繋がり、間接的にコレステロールを下げる役割もあります。

・ビタミンE

血中のコレステロール値が高くなると活性酸素により過酸化脂質酸化して、血流の流れを悪くして動脈硬化に繋がります。
ビタミンEはビが酸化されるのを防ぎ、血流を良くしてくれます。

・ビタミンC

ビタミンCはコレステロールを胆汁酸に変化させる働きがあり、
余分なコレステロールを体外に排出役割があります。
つまり、胆汁酸をどんどん生成することで胆汁酸の原料であるコレステロールを沢山使用し、コレステロール値を下げてくれるのです。
ですから、青汁はもちろん、ビタミンCが豊富な果物や野菜は沢山食べて下さい。

・ポリフェノール

悪玉コレステロールの酸化を防ぐことが大切という面で、ビタミンと同じく注目される栄養成分が『ポリフェノール』です。

ポリフェノールの抗酸化作用は非常に有名で、赤ワインやカカオが注目されていますが、実は青汁にもたっぷり含まれています。ポリフェノールを意識して摂取することで、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化を予防することが出来ます。

上に挙げた栄養素以外にも、同じく抗酸化作用の強い酵素やカテキン、コレステロール値を低下させる働きのある葉緑素など、効果的な栄養素が多く含まれているのが青汁の特徴です。

青汁ならコレステロール対策も手軽に出来る

このように、青汁にはコレステロール値の改善に効果的な栄養素が豊富に含まれています。また、粉末なので持ち運びしやすく、好きなタイミングでコップの水に溶けばいつでも飲むことが出来るのです。ビタミンやポリフェノールは熱に弱く、加熱した料理からは摂取が難しい栄養素ですが、野菜をそのまま粉末状にした青汁なら成分を壊さず摂取できます。

なんといってもなかなか生活習慣の改善が難しい現代人にとって、1日1杯飲むだけでコレステロール対策が出来る青汁はとっても嬉しい存在ですよね。

コレステロール対策の青汁の飲み方

それでは、コレステロール値の改善に有効な青汁の飲み方はあるのでしょうか?悪玉コレステロールの吸収と酸化を防ぐという意味では、食前に飲むのが効果的です。食物繊維があらかじめ腸内に入っている事で、脂質の吸収を抑えてくれますし、抗酸化力のある成分が悪玉コレステロールの酸化を防いでくれます。皆さんの生活スタイルに合わせて昼または夜の食事前に飲むと良いでしょう。

ただし、沢山飲めば良いというものではないので、摂取量を守って飲むことが大切です。

まとめ

いかがでしたか?コレステロール値を改善する為には、脂質を減らし野菜中心の食生活を送る事、特に食物繊維や抗酸化力のある栄養成分をしっかりと摂ることが大切です。不規則な食生活のせいで将来辛い思いをしないためにも、まずは簡単な対策からはじめてみませんか?青汁で手軽に美味しくコレステロール対策、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

TOP