青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 青汁の効果・効能 > 青汁で更年期障害は予防できないよね!!

青汁で更年期障害は予防できないよね!!

青汁を積極的に呑み始める世代が多い40代から更年期障害が現れてきます。
元々は更年期障害改善が目的ではなく、健康のために青汁を飲み始めたのですが、
結果的に更年期障害も良くなったという方もいます。

実はそれほど知られていませんが、青汁は更年期障害で悩む方にもおすすめなのです。

このページでは更年期障害の基礎知識と何故青汁が更年期に良いのかについてお話していきます。
更年期の仕組みを理解することで、青汁との相性が理解できるので、
是非最後までお読みください。

更年期障害って?

更年期障害

更年期障害は、閉経(生理が終わる)を迎える約50歳の前後5年、
つまり、45歳~55歳くらいまでに起こります。
(個人差はある)

更年期障害が発生する原因として、40代くらいから卵巣の機能が低下してきて、
エストロゲン(女性ホルモン)が分泌されなくなるかです。

というのもエストロゲンを分泌させる指令を出すのは脳の視床下部があります。
視床下部はエストロゲン以外のホルモンもコントロールする役割があり、
ここがしっかりと機能しないと体に様々な異変がおこなってしまいます。

若いころは卵巣がしっかりと機能するので問題ありませんが、
40代を超えても視床下部は普段通りにエストロゲンを分泌するように指令を出し、
卵巣がその指令に答えられずエストロゲンが分泌されません。

ただ、視床下部はそんなことはお構いなしにエストロゲンを分泌するようにどんどん指令をだしていまい、
結果脳が混乱して更年期障害という症状を引き起こしてしまうのです。
つまり、ホルモンバランスが崩れるという事です。

また、卵巣の機能低下以外でもストレスや不規則な生活、バランスが偏った食事などの原因でホルモンバランスが崩れて更年期障害になることもあり、
今は、20代~30代の若さでも起こる若年性更年期障害(プチ更年期)もあります。

ですから、更年期障害の最も大きな要因は年齢による卵巣機能の低下ですが、
それ以外の理由もあり、若年層でも更年期障害を起こす可能性もあるのです。

更年期の症状

更年期障害の症状は個人差があり、中には症状を感じない方もいます。
それとは逆に更年期障害が酷く、思うように生活を送れないくらいの方もいます。

具体的には症状は以下のよう事です。

・イライラ
・のぼせ・ほてり・発汗
・不眠
・頭痛
・動悸・息切れ
・うつ症状
・疲れ・だるさ
・めまい・立ちくらみ
・吐き気

一概に更年期障害といっても、ホルモンバランスの乱れからきますので、
このほかにも様々な症状を引き起こす方もいます。
一説には200種類以上の症状があるとも言われております。
症状が酷い方だと寝込んで引きこもりになるケースもあるくらいです。

ですから、症状がほとんど感じない方なら良いですが、
酷くなるケースもあるので30代くらいからしっかりと予防と対策をしておきたいものです。

更年期障害は早いうちから対策をしておけば、
それほど酷い症状にならずに済むケースもあります。

次から、更年期障害を緩和するための方法や予防についてお話していきます。

更年期障害を緩和するために

更年期障害緩和
まずは青汁以外の一般的な更年期障害を緩和させる方法をお話していきます。

ビタミン・食物繊維・ミネラルをしっかりと摂取する

野菜や果物を食べビタミン、ミネラル、食物繊維を積極的に摂取することがおすすめです。
特にビタミンは重要でビタミンEは、ホルモンバランスを正常にする役割がありますし、
ビタミンBは自律神経を整えてくれます。
また、ミネラルの一種の亜鉛もホルモンバランスを整えます。

大豆食品を食べる

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きがあり、
エストロゲンの減少を補ってくれます。
また、たんぱく質やビタミン、ミネラルも含まれているので、
更年期障害の予防や緩和にはピッタリな食品です。

カルシウムを摂る

実はカルシウムにはホルモンバランスを整える働きがあり、
カルシウムを摂ることで更年期障害の症状を緩和してくれます。

カルシウムが不足するとイライラすると言われていますが、
ホルモンバランスを整えることで自律神経が安定するからです。

糖質・脂質などの食事を摂りすぎない

これは直接更年期障害を予防する事ではありませんが、
間接的に体にダメージを与えますので、理解しておく必要があります。

エストロゲンのような女性ホルモンの分泌が減ると、
代謝が悪くなり、悪玉コレステロールが貯まり、中性脂肪が付きやすくなります。
つまり、肥満になりやすいのです。

更年期障害の症状に加えて、生活習慣病が重なるとそれこそ大変な状態になります。
年々糖質や脂質の食べ物は減ってはくると思いますが、
40代は適度な量に抑えるのが良いでしょう。

適度な運動を心がける

運動不足はホルモンバランスを乱す原因にもなりますので、
有酸素運動やストレッチなど基本的な運動は必要です。

運動は長い積み重ねが大切で、続けなければ意味がありませんから、
簡単で苦にならないストレッチや体操などが良いと思います。
もちろん、ウォーキングは効果抜群です。

規則正しい生活習慣

これを言ってしまうと身も蓋もない話ですが、更年期障害の緩和や予防は、
規則正しい生活習慣になります。
ここまで、お話したことは何も特別な事ではなく、普通に生活する上で大切な事です。

その他にもしっかりと睡眠を取る、湯船につかって体を温める、
アルコールを飲み過ぎないなど当たり前の事です。

結局のところ、更年期障害の原因であるホルモンバランスの乱れは、加齢以外なら
不規則で不健康な生活習慣が原因です。

何故青汁が更年期障害におすすめなのか

実は青汁は更年期障害で悩んでいる方におすすめなのです。
青汁粉末
更年期障害を緩和するためには栄養の管理が重要ですが、毎回栄養を気にしながら食事をするのは面倒ですし手間もかかります。
しかし、青汁なら一杯飲むだけ更年期障害に良い栄養素を摂取できるので簡単です。
そこで、何故青汁は更年期障害に良いのかポイントを紹介していきます。

豊富に含まれているカルシウム

先ほどもお話したようにカルシウムはホルモンバランスを整える働きがあります。
青汁に含まれている明日葉は、牛乳やヨーグルトの倍以上も含まれており、
時間と手間をかけてカルシウムの食事を考えるくらいなら、青汁一杯で沢山のカルシウムを摂取できます。

ビタミン群が豊富

青汁にはビタミンA~Eまで含まれているのが特徴です。
特にケールや明日葉の青汁には、緑黄色野菜以上に含まれ、ビタミンを摂取するために
バランスよく野菜を食べるという事をしなくても必要なビタミンが摂取出来ます。

ポルフェノール

更年期の時期に入ると体内で活性酸素が増え始め、更年期障害の症状を重くしてしまう傾向になります。
また、活性酸素は更年期障害以外でも様々な病気の原因になっている事がわかっていますので、
不必要な活性酸素を取り除かなくてはいけません。

ポルフェノールは、活性酸素は体外に排出してくれる役割があり、
更年期障害で悩んでいる方には是非摂取してほしい栄養素です。

青汁にはポルフェノールが含まれているので、
更年期障害で悩んでいる方にもおすすめです。

まとめ

青汁は薬ではないですから、青汁を飲んだから更年期障害が改善されるわけではありませんが、更年期障害には良い栄養素が豊富に含まれているので、毎日コツコトと飲みたいものです。
もちろん、更年期障害以外でも健康に良いので、根気強く飲み続ける事が青汁の効果を最大限発揮させるポイントです。
更年期に良い栄養素も豊富に含んでいる青汁ランキングに進む

TOP