青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 目的別青汁ランキング > 乳酸菌青汁ランキング!!青汁1杯でガッツリ乳酸菌を摂取!

乳酸菌青汁ランキング!!青汁1杯でガッツリ乳酸菌を摂取!

乳酸菌青汁ランキング
現代人に不足しがちな乳酸菌。最近では乳酸菌が配合されている青汁が増えてきました。

青汁なら、乳酸菌はもちろんそれ以外の栄養素もバランスよく取れますし、
乳酸菌目的だけで食事を摂るのは楽ではありません。
ですから、青汁で足りない乳酸菌を摂取しながら他の栄養素も摂取することで
健康的な身体を作っていくことができるのです。

乳酸菌青汁に興味がある方は、是非このページを参考にして下さい。

そもそも乳酸菌って何?

乳酸菌については今人気『乳酸菌入り青汁』が食生活の改善に最適!でも
詳しくお話していますので、ここではおさらいの意味も含めて軽くご紹介していきます。

乳酸菌と聞くと、体に良いと菌だと何となくイメージ出来ると思います。

我々の身体には大きく分けて「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3つの菌があります。

・善玉菌→体に良い菌
・悪玉菌→体に悪い菌
・日和見菌→優勢な方につく菌(善玉菌と悪玉菌で多い方の菌になる)

乳酸菌とは糖から乳酸を作り出す働きの総称を乳酸菌といい、
もっと簡単にいうと善玉菌の一種ということです。
つまり、乳酸菌を摂取すれば体に良い菌が増え、且つ体に悪い善玉菌を抑制する働きもあります。

逆に乳酸菌の摂取量が減ると、善玉菌が減り、逆に悪玉菌が増えることになります。

悪玉菌が増える事で、

・体調が悪くなりやすくなる
・太りやすくなる
・体臭や口臭がきつくなる
・病気にかかりやすくなる
・美容に良くない

などになります。

ですから、健康にも美容にも乳酸菌は必要ですから、積極的に摂取したいとこです。

乳酸菌青汁の選び方のポイント

青汁の種類は沢山ありますので、どの青汁に乳酸菌がはいっているのか、
乳酸菌が入っているどの青汁が良いのか選び方のポイントを紹介していきます。

以下で乳酸菌青汁ランキングを紹介しますが、自分で探して選びたい方は
これを参考にして下さい。

乳酸菌は入っているか

販売ページを見ると乳酸菌●個入っていると書かれているものや書かれていない物もあります。
書かれていない青汁でも乳酸菌が含まれている青汁はありますが、
書かれていたほうがそれだけアピールしたいということですので、
そのような青汁を選ぶと良いでしょう。

・栄養素が豊富に含まれているか

青汁の特徴は普段の食事では摂取しにいく栄養素が沢山含まれている事です。
ほぼ乳酸菌しか入っていない青汁や栄養素が足りない青汁なら、
わざわざ青汁を飲む必要はありません。サプリや食事で補えば良いだけです。

ですから、乳酸菌も沢山摂れ、その他の栄養素も沢山摂れる青汁を選ぶのもポイントです・

オリゴ糖や水溶性食物繊維が含まれているか

乳酸菌を摂取することで善玉菌を増やすのが本来の目的ですが、
乳酸菌のエサとなるのがオリゴ糖と食物繊維(水溶性)なのです。
つまり、オリゴ糖や水溶性食物繊維を同時に摂取することで、
より乳酸菌や善玉菌を増やすことが出来ます。

飲みやすさ

青汁で最も大切なのは続けられることでそのためには飲みやすくなくてはいけません。
現在の青汁は飲みやすくするために甘味料がはいっている青汁も多く、
そこについては賛否両論もあります。

一概には言えませんが、管理人は多少甘味料が入っていても問題ないと思っております。
何故なら、甘味料が入っていなくて飲みにくく続けられないくらいなら、
多少甘味料が入っていても飲み続けた方が効果は高いからです。

ですから、まずは飲みやすさを優先し、その上で出来るだけ甘味料が少ない青汁が良いのです。
もちろん、甘味料が入っていなくて飲みやすく美味しい青汁であれば問題ありません。

乳酸菌青汁のおすすめランキング

第1位 黒糖抹茶青汁寒天ジュレ

黒糖抹茶青汁寒天ジュレ
なんと黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、飲む青汁ではなくゼリー状の食べる青汁です。
しかも青汁の苦みはなく、甘酸っぱくてデザート感覚で食べられます。
置き換えダイエットとしても良いでしょう。

肝心の乳酸菌ですが、100億個も入っており、1日に必要な乳酸菌の数は20億~30億と言われておりますが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレ1本で一日に必要な乳酸菌を余裕で摂取出来る事になります。

また、乳酸菌のエサとなる食物繊維は豊富で、黒糖抹茶青汁寒天ジュレに含まれているクマイザサはレタスの約60倍の食物繊維が含まれますし、水溶性食物繊維である寒天も含まれております。

それだけはなくオリゴ糖や40種類の植物エキスなどが含まれていることから、
ビタミン、カリウム、カルシウム、ヒアルロン酸など沢山の栄養素を摂取出来ます。

まとめると、
・甘酸っぱくて非常に食べやすいゼリー状の青汁
・乳酸菌が100億個
・食物繊維やオリゴ糖が豊富に含まれる
・40種類の植物エキスが含まれるので、野菜不足を補え豊富な栄養を摂取できる
などです。

乳酸菌を中心とした豊富な栄養を摂取したいなら黒糖抹茶青汁寒天ジュレはオススメです。

公式サイトを見る
第2位 めっちゃたっぷりフルーツ青汁

めっちゃたっぷりフルーツ青汁
めっちゃたっぷりフルーツ青汁はジュース感覚でゴクゴク飲めるのが特徴です。
乳酸菌の量も豊富で1包になんと1800万個も含まれ、しかも有胞子性乳酸菌です。

通常の乳酸菌は腸に届くまで胃酸や熱で消滅するケースが多いのですが、
有胞子性乳酸菌は胞子で守れているため死滅しにくくしっかりと腸まで届き、腸に留まっている時間も長いのです。
そのためより乳酸菌の力を発揮できます。

また、クマザサ、明日葉、モリンガなど食物繊維やビタミン、アミノ酸、ミネラル、フラボノイドなどが豊富に含まれいる原料を使っていますし、
フルーツ、野菜それぞれ11種類のエキスも配合しております。

つまり、乳酸菌以外にも必要な栄養を豊富に摂取できるという事です。

・腸までしっかり届く胞子性乳酸菌が1800万個含まれいる
・ジュース感覚で飲めるので飲むことが苦にならない
・食物繊維、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、フラボノイドが豊富に含まれいてる原料を使っている
・11種類のフルーツエキスと11種類の野菜エキスを配合
・149種類の酵素配合で脂肪燃焼しやすくなる
・ダイエットにもおすすめ

公式サイトを見る
第3位 生青汁

生青汁
生青汁の乳酸菌は何と業界最多クラスの201億個も含まれております。
しかも乳酸菌は熱に弱く製造過程で破壊されてしまう事も多いのですが、
生青汁は、低温でゆっくりと乾燥させる製法なので、乳酸菌が死なずコップ1杯で豊富な乳酸菌が摂取できるのです。

また、生青汁で使われている原料は、明日葉、ケール、大麦若葉の青汁三大原料です。
これからの原料は、食物繊維、ビタミン、ミネラル、鉄分など、人に必要な栄養素も豊富に含まれています。
さらに、食塩、保存料、香料は一切使っておりません。

しかし、若干ではありますが、青汁や薬草の味がしてしまいますので、
上記2つの青汁と比べ青汁らしい飲みごたえになります。

ただ、誤解しないでほしいのは、皆さんが想像しているマズイ青汁ではなく、
現在は飲みやすい青汁が増えているのでそれらと比べてということです。
その分、青汁本来の栄養素を豊富に摂取できる特徴もあります。

今様々な青汁が発売されていますが、生青汁は最も青汁の栄養素を補給できる商品の一つであることは間違いないでしょう。

・業界最多クラスの201億個もの乳酸菌が含まれている
・食物繊維、ビタミン、ミネラル、鉄分などが豊富な明日葉、ケール、大麦若葉を贅沢に使っている
・低温製法なので、生きた乳酸菌や酵素を大量に摂取できる
・30日間の返金保証制度がある

公式サイトを見る

乳酸菌青汁ランキングのまとめ

様々な乳酸菌入りの青汁が発売されている中で、3つのおすすめランキングを紹介しました。
どの青汁を飲んでも沢山の乳酸菌やその他の栄養素を摂取することが出来ます。
これと思った青汁を試して下さい。

それでも迷うなら、ランキング1位の黒糖抹茶青汁寒天ジュレがおすすめです。

沢山の乳酸菌はもちろん、その乳酸菌のエサとなる水溶性食物繊維、オリゴ糖が含まれ、
ビタミン、カルシウム、熱などが豊富に含む原料を使っております。
また、40種類の植物エキスも配合されていますから、野菜不足にも良いです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは腸内環境をしっかりと整えてくれるので、
乳酸菌青汁で迷っていれば是非一度試して下さい。

公式サイトを見る

TOP