青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 青汁に関する豆知識 > トクホの青汁って本当に効果はあるの?トクホでない青汁との違いは?

トクホの青汁って本当に効果はあるの?トクホでない青汁との違いは?

最近トクホという言葉を耳にします。
有名なところで言えば、伊右衛門の特茶、ヘルシアなど、一度は飲んだことがあるのではないでしょうか。

そのトクホですが、当然青汁にもあります。
ここでは、トクホの青汁とはどういった物でどういった効果があるのか、
トクホの青汁でないものとの違いは何かについてお話していきます。

トクホって?


トクホとは特定保健用食品の略で、国が科学的に根拠に基づき、
その商品の効果や安全性を認めた物です。
つまり、一部認められた特定の効果を表現して良いという事です。

具体的に青汁に適用される表現の一部を紹介すると、

・血糖値の上昇を抑える
・中性脂肪を抑制する
・腸内環境を整える
・鉄分の吸収を高める

など色々な効果を表示して良い事になっています。

今までは薬事法が厳しく、本当は効果があっても表現できなくて、
ユーザーさんに届けられないメッセージも沢山ありました。

しかし、トクホの制度があることで表現できる範囲が増え、
何か特別な悩みがあるユーザーに商品を届けられるようになったのです。

ただ、青汁は薬ではなくあくまでも健康飲料です。
青汁は飲むことで悩みをすぐに改善できるわけでなく、長く飲み続ける事で、
その症状を緩和できる可能性があるという事です。

また、青汁は健康飲料であることから青汁だけ飲めば良いというわけではなく、
普段からバランス良い食生活をした上での補完的な役割です。

実際にトクホの商品には「食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。」
と記載することになっております。
ですから、トクホの青汁というのは、それ単体で何かが良くなるのではなく、
様々な要因から健康になる一部という解釈です。

言ってしまえば、青汁は健康に良い食材・食事と同じ認識でいるべきという事です。

トクホの青汁とトクホじゃない青汁の違い


ここで勘違いしないでほしいのは、トクホだから良い青汁でトクホじゃない青汁は効果がないというわけではありません。
あくまでも、トクホという制度を利用して、トクホの申請をしたのかしていないのかの違いです。

実際にトクホではない青汁でも効果の高い青汁は沢山ありますし、
中身(成分)もトクホの青汁に引けを取らない物も沢山あります。

しかし、トクホの認定を受けていればユーザーさんに一定の安心を与えられ、
その根拠も明確にされています。
名目上はトクホとして認定されていれば、その青汁は国が保証しているとも言えます。

・何故他の青汁はトクホにしないのか?

トクホにしない青汁は不安とか何か問題があるのかと思う方がいるかも知れませんが、
実はトクホ認定には、費用が高く簡単に申請できるものではありません。

一般にトクホ認定されるのに6割以上の企業が4000万円で、1割が1億を超えたと言われております。
予算が潤沢な大企業なら可能でもそうでない中小企業はとてもじゃありませんが、申請出来ません。

また、審査基準も厳しく時間もかかり、実際に本当に良い商品を作るためなら良いかもしれませんが、
こういったものは良い商品を作るためというよりもトクホに合格する目的だけになるケースも多いと感じます。

ですから、個人的な意見をいうと、トクホであろうがなかろうが、良い商品は良いということです。

トクホの青汁はどのような効果が期待できるのか?

青汁ではトクホでしか含まれない特徴的な成分から、トクホの青汁はどのような効果があるのかお話致します。

・キトサン

キトサンの効果は、

・コレステロール値を下げる効果
・脂肪の蓄積を防ぐ効果
・高血圧を予防する効果
・免疫力を高める効果
・解毒効果

ですが、その中で最も期待できるのがコレステロール値を下げる事です。

キトサンについては、注目!コレステロール値を下げるなら青汁が効果的
でもお話しましたが、再度紹介します。

脂肪の消化吸収のために欠かせない胆汁酸という化合物があり、
その胆汁酸を作る原料になるのがコレステロールです。
キトサンは、胆汁酸を小腸で吸着し、便として排出する働きがあります。

当然体内に胆汁酸は必要になりますから、便として体外に排出した分さらに作ろうして、その原料となるコレステロールを沢山使う事で、コレステロール値が減っていくのです。
ですから、コレステロール値が高くて悩んでいる方はキトサンが含まれた青汁を飲むことがおすすめです。

・難消化性デキストリン

難消化性デキストリンの働きは、

・血糖値の上昇を抑制する
・整腸作用
・中性脂肪の上昇を抑制
・内臓脂肪の低減
・ミネラルの吸収促進

です。

この難消化性デキストリンは、特に血糖値の上昇を抑制が注目ポイントです。

具体的にいうと、食事摂取した糖質や脂質は、ブドウ糖に分化され小腸に吸収し、
肝臓へ送られます。
難消化性デキストリンは小腸で吸収されるときに糖質の吸収を抑えてくれるのです。
簡単にいうと、難消化性デキストリンは水溶性食物繊維ですので、食物繊維と同じ働きをするのです。

ですから、血糖値が気になる方や肥満の方が飲むのにお勧めです。

トクホのおすすめ青汁

数は少ないですが、トクホの青汁でおすすめを紹介します。
トクホの青汁で特徴的な成分を紹介しましたが、一つの青汁で同時に含まれているわけではありませんから、悩みに合わせてお試しください。

・ヘルスマネージ大麦若葉青汁


ヘルスマネージの大麦若葉青汁は難消化性デキストリンが含まれているトクホの青汁で、血糖値が高い方におすすめです。
他の青汁よりも食物繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、
血糖値が高い以外でも、野菜不足や便秘などにも良いと思います。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る
・ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサン


ヘルスマネージ大麦若葉青汁 キトサンは
ヘルスマネージの大麦若葉青汁と同じく大正製薬の青汁ですが、こちらにはキトサンが含まれています。
ですので、コレステロール値が高い方にお勧めです。
キトサンはエビ・カニ等の甲殻類の殻から抽出するので普段の食事で補う事は難しいですから、青汁飲んで摂取するのが最も簡単です。

>>商品詳細ページ・レビューを見る

公式サイトを見る

TOP