青汁サロン

30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!30種類以上の青汁をぜ~んぶ飲んで試したおすすめの青汁を紹介します!

青汁サロンTOP > 青汁の効果・効能 青汁ダイエット > 青汁を飲んで糖質制限ダイエットを成功させる

青汁を飲んで糖質制限ダイエットを成功させる

青汁で糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットという言葉を一度は聞いたことがあると思います。
今最も流行っているダイエット法で多くの方が成功しています。

実際に運動なしにお腹一杯食べも痩せてしまっている方も沢山います。

これまでのダイエットはなんだかんだ言っても無理な食事制限や運動が必要でしたが、
糖質制限ダイエットはそんなことはする必要はありません。
その名の通り糖質を制限すれば良いのです。

そして糖質制限ダイエットは、青汁を飲むことで健康的且つ効果的にダイエットを成功させるための手助けをしてくれる飲み物なのです。

そこで、このページでは糖質制限ダイエットはもとより、何故青汁は糖質制限ダイエットに良いのかについてお話していきます。
是非参考にして下さい。

糖質が太る理由

まずは何故糖質を摂取するのか仕組みについて理解して下さい。
ここを理解していれば、糖質制限ダイエットを成功するための手助けになります。

糖質は砂糖などの甘いものももちろんですが、多くの方はお米やパン、麺などの炭水化物から多く摂取しています。
つまり、太る原因の多くは炭水化物の摂り過ぎだということです。

糖質を摂取することで血糖値が上がる

血糖値が上がる仕組み
糖質を口の中に入れると小腸に運ばれブドウ糖に分解されます。
そしてこのブドウ糖は、すい臓から分泌されるインスリンという成分を使い、血液を通して筋肉や肝臓に運ばれエネルギーとして使われます。
当然全身にブドウ糖が行き渡っていますから、血糖値の数値も高くなります。

そして、糖質を摂りすぎるとエネルギーを消費しきれず、
脂肪となり太り過ぎになるのです。
つまり、血糖値が高くなっている状態というのはブドウ糖を消費しきれずどんどん脂肪になっていくという事です。

ですから、食事の前に生野菜などを食べると良いと聞いたことがある方もいると思いますが、
それは生野菜などに含まれる食物繊維は血糖値の吸収を抑える働きがあるからです。

因みに脂質も太るイメージはあると思いますが、明らかに糖質の方が太ります。

糖質制限ダイエットって?

糖質制限ダイエットとは甘い物はもちろんですが、炭水化物を制限すれば良いという事です。
糖質を制限していればカロリーや脂質は気にしなくても問題ありません。
とにかく糖質を制限すれば良いのです。

糖質制限ダイエットのルール

どのくらいの期間でどのくらいダイエットしたいかでルールは変わり、
短期間で痩せたければ可能な限り糖質を制限しなくてはいけませんし、
ゆっくりとダイエットできれば良いなら、少しは炭水化物も摂取出来ます。
一般的なルールを紹介します。

・1日の糖質量は20g~80gを目指す。
一般的に一日の必要な糖質量は、カロリー数の約60%と言われていますが、
それだとダイエットは難しいと思います。

では20g~80gとはどのくらいかというと、
茶碗一杯(約150g)で55.2gです。
つまり、1日20gの厳しい糖質制限をしてしまうとそれだけアウトです。

また、炭水化物はお米、パン、麺だけではなく、様々な食品や調味料に含まれています。
もちろん、糖質も同様です。

厳しい糖質制限ダイエットをするためには、主食である米、麺、パンなどは食べられませんし、
スタンダードな80gであっても主食を食べればその他の食事を気にしなければいけなくなります。

・3食きっちり食べる
糖質制限ダイエットは食べる量を減らす事ではないので、
3食しっかり食べて必要な栄養素を摂取しなければいけません。
お腹が空くとストレスになりリバウンドの原因にもなり、
空腹時に糖を摂取すると急減に血糖値が高くなり、余分な脂肪を付けてしまいます。

また、糖質を出来るだけ摂らないように意識しながらしっかりと食事をすると
少し主食の炭水化物を摂っただけでお腹一杯になります。

尚、後々お話しますが、糖質制限の食事は3食意識するのは大変なので、
1食分は青汁で栄養補給するのがオススメです。

青汁は1杯で必要な栄養を摂取できますから、
時間がない朝に青汁を飲むのもお勧めです。

・タンパク質を摂取する
筋肉や内臓、血液など体の大部分はタンパク質出来ています。
糖質を制限するとエネルギー不足になり筋肉から糖を摂取しようとします。
その結果筋肉量が減り代謝が悪くなり、太りやすい身体になってしまいます。
ですから、タンパク質を摂取することも意識して下さい。

因みに1日に必要なたんぱく質の量は、
「体重×1g」くらいで良いでしょう、
体重60キロなら60gのたんぱく質を摂取するということです。

・無理をしない
糖質制限ダイエットは無理をしないことも大切です。
慣れている方なら問題ありませんが、初心者が無理をするとその反動が来てしまいます。

まずは主食の量を徐々に減らしていき、タンパク質が多いおかずや野菜を中心に食べるくらいから始めれば良いと思います。

個人差がありますが、軽い糖質制限でも1月で3キロくらいはダイエットできている方も沢山います。

糖質ダイエットのデメリット

糖質制限をすると炭水化物の量が減り、その分タンパク質でお腹を満たすケースが多くなります。

タンパク質を摂り過ぎは肝臓や腎臓に負担をかけ、摂り過ぎたタンパク質は悪玉菌のエサにもなります。
そうなると腸内環境が悪くなり、便秘の原因にもなってしまいます。

しかし、これらのデメリットを解決する方法がありそれが青汁です。

糖質制限ダイエットで食べてはいけない物?

糖質制限ダイエットで注意するのは炭水化物が多い食品を避ける事です。
糖質制限ダイエットで大切なのは、何を食べて良いかよりも何を食べたらいけないかです。
極一部ですが、炭水化物や糖質の多い食品を紹介します。
是非参考にして下さい。

・ごはん茶碗一杯(約150g):55.2g
・食パン(100g):48g
・中華めん(100g):29.2g
・そば(100g):26g
・うどん(100g):21.6g
・さつまいも(100g):31.9g
・じゃがいも(100g):19.7g
・たまねぎ(100g):8.8g
・にんじん(100g):8.7g
・えだまめ(100g):8.9g
・餃子の皮(100g):57g

比較的に糖質量の多い食品を紹介しましたが、これはあくまでも食材そのものの炭水化物です。
例えば、中華めんはラーメンとして食べますが、実際は麺の量がもっと多く、
様々な調味料や食材を使いますから、これよりもはるかに糖質量は増えます。

また、ここでは紹介しておりませんが、小麦粉、パン粉、強力粉などを使った料理(とんかつやコロッケなど)も炭水化物が多いです。
例えば餃子の皮は小麦ですので、炭水化物量が多いのがわかると思います。

野菜も注意が必要です。

野菜なら何度も良いと思われがちですが、じゃがいものようにでんぷん質の物や
玉ねぎ、にんじん、さつまいもなど糖が多い野菜もあります。
野菜は、レタスやキャベツなど葉っぱ系のものが良いです。

おすすめの食事は、お肉やお魚、糖質や炭水化物が少ない葉っぱ系の生野菜中心の料理を食べ、
ごはんや麺、パンなどの主食を極力減らすことです。
それだけを1ヶ月も続ければ良い感じで痩せると思います。

しかし、先ほどもお話したように無理はいけないので、
まずは主食を1日1回にして量を減らすことから始めてみればどうでしょうか。
それだけでもかなり違います。

何故糖質ダイエットに青汁が良いの?

糖質制限ダイエットは、バランスよく栄養を摂取することが大切です。
どうしても糖質制限中は、栄養バランスが偏る傾向にあります。

特にタンパク質に栄養が偏り、生野菜を中心とした食物繊維が減る傾向にあるのです。
その結果便通が悪くなり、新陳代謝も落ちます。
かと言って毎日大量の生野菜は食べるのは大変で、生野菜の中にも糖質が多い物もあります。
もちろん、糖質制限中にタンパク質は必要不可欠な栄養素ですので
必ず摂取しなければいけません。
要はバランスです。

そこで必要になるのは青汁です。
青汁は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれ、
食事で摂取しきれない栄養素を補給する部分では最高の飲みのです。

特に青汁で良いのは水溶性食物繊維が含まれている事です。
(全ての青汁ではない)

食物繊維摂取後の血糖値のデーター
<参照>大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁

水溶性食物繊維は糖の吸収を抑えてくれますから、
糖質制限ダイエットにはおすすめです。

また、食物繊維を摂取することで、便通が良くなり、整腸環境が整い
新陳代謝が高まって痩せやすい身体にもなります。
しかも野菜の栄養素を考える手間も省けます。

ですから、青汁を飲みながら糖質制限ダイエットをするのとしないとでは、
ダイエット結果に大きな差となる可能性はあります。

糖質制限ダイエット中の青汁の飲み方

糖質制限する場合、食前に青汁を飲むと良いでしょう。
食後だと糖を吸収してしまい、通常のように血糖値が上がる可能性があります。

また、朝食を食べられないという方は青汁を飲むのも良いと思います。

糖質制限は糖質以外の栄養素はバランスよく摂取する必要がありますから、
青汁一杯を飲むだけでも体の代謝と健康が良くなり、後々大きな違いになって現れます。

糖質制限ダイエットにおすすめの青汁

糖質制限ダイエットでどのような青汁が良いかは色々ありますが、
やはり水溶性食物繊維が豊富に含まれている事です。

青汁は様々な栄養素がバランスよく含まれていても、
糖質制限となれば水溶性食物繊維の含有量が多くなくてはいけません。
血糖値の上昇を抑えるために最も良い栄養素です。

大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉

大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉
この青汁は大正製薬が開発したトクホ青汁で特徴は何と言っても他の青汁に比べ
水溶性食物繊維が豊富ということです。
つまり、血糖値の上昇を抑える働きがあります。

大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の食物繊維
上記の数字をみても分かるように青汁一杯で食物繊維が5.9gも含まれています。

難消化性デキストリンというのは、水溶性食物繊維のことで、
1,072品目のトクホ商品のうち327品目も配合されているトクホに認定された安全で効果の高い成分です。

これだけの食物繊維が含まれている青汁は他にはなく、この半分含まれていれば良い方です。
<関連>青汁に含まれる難消化性デキストリンの驚くべき効果は?ダイエット・脂肪に良い?

また、大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁の主原料は大麦若葉で、
大麦若葉は食物繊維はもちろん、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。

しかも青汁特有の苦みや臭みもなく、お茶感覚で飲めるという特徴もあります。

効果的に効率よく糖質制限ダイエットするなら、大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁はかなりお勧めです。

>>大正ヘルスマネージの大麦若葉青汁〈難消化性デキストリン〉の効果・口コミを見る

公式サイトを見る

TOP